ao.Inc

Branding Design, Graphic Design, Art Direction, Writing, individual design

Contact: t-aoyagi@a–o.co.jp

ドゥルーズ&ベルクソン的「潜在的過去から未来を創造するブランディング」

ブランディングにおいて、過去と未来は密接に結びついている。

 

フランスの哲学者ドゥルーズは、「潜在的な過去が現在になる」プロセスを通じて、自己を発展させる重要性を強調した。
これは、現在の状況や環境に適応し、進化していくためのプロセスと捉えることができる。

 

ブランディングの文脈では、時代によって移り変わるニーズや社会課題など、外部の要素を取り入れながらブランドを分化させ、これによりブランドは常に変化する環境に適応し、消費者とのつながりを強化し、競争力を維持する差別化プロセスと捉えることができる。

 

例えば、環境問題が社会的な関心事となっている場合、ブランドは環境に配慮した製品やサービスを提供することで、新たな要素を付加しながら分化することができる。

 

したがって、ブランドは常に変化する環境に敏感であり、新たな要素を取り入れながら分化し、これによりブランドは時代と共に成長し、消費者の期待に応える存在として存在感を高めることが必要となる。

 

ベルクソンの「分化」によると、分化は自己を現実化し、現働化するものである。すなわち、自己を作り上げていくプロセスである。
さらに、分化は潜在的な過去を現在に持ち出し、現在に新たな要素を付加しながら未来を押し出すような形で進行する。

 

この視点から、ブランドも「潜在的な過去を意図的にデザイン」し、未来というより「潜在的な過去を逆算して創造する」とも考えられる。

 

つまり、過去の経験やアイデンティティを活かしつつ、未来の方向性や目標に向けてブランドを発展させることを意味している。

 

潜在的な過去を逆算して創造することで、ブランドは自己の独自性やアイデンティティをより明確にし、消費者とのつながりを強化することができる。また、過去の経験や成果を振り返りながら、未来に向けた戦略やイノベーションを計画することも可能となる。

 

このようなアプローチによって、ブランドは持続的な成長と競争力を維持し、時代と共に変化する市場においても存在感を保つことができる。
つまり、潜在的な過去を逆算して創造することは、ブランドにとって重要な戦略的手法であり、未来を見据えたブランド発展に貢献する期待ができるのである。

 

ブランディングデザイナー:青栁徹

1

322 Yorii-cho, Tochigi city, Tochigi, Japan
328-0005

0282 51 9250